ジスロマック錠 ジェネリック 通販

抗生物質の種類

感染症はウイルスによるものと細菌によるものとがあります。

抗生物質とは感染症のうち、細菌性のものに対して効く薬です。
原因菌によって薬は異なります。抗生物質にいろいろな種類があるのはそのためです。

 

作用の違いから大きく5種類に分けることができます。
一つは、細胞壁合成阻害薬です。細胞壁はヒトの細胞には存在しないため、この薬を使うことで細菌を殺す働きがあります。
次にタンパク質合成阻害薬があります。これは原因菌の細胞を増殖させない働きがあります。
DNA合成阻害薬葉酸合成阻害薬というものもあります。これも原理としては、原因菌の細胞を増殖させないことを目的としています。
最後に細胞膜透過性障害薬です。これは、殺菌効果があります。

 

原因菌のタイプによりこれらの種類を選び、ときには組み合わせて医師は投与するのです。

 

抗生物質クラリスとは

 

クラリスは、病原微生物が生育するために必要な蛋白質生成を阻害する抗生物質です。
抗生物質そのものには病原菌を死滅させる効果はありませんが、増殖を抑えることで病気の進行を防ぐことができます

 

ヒトのからだも病原菌も細胞からできています。
ところが細胞が生きるために必要なタンパク質を作るための器官であるリボソームの形が異なるため、ヒトには無害で細菌に対してのみ効果を示すことができます。
クラリスは他の抗生物質と比較して、酸に対して安定した性質をもつため服用後胃酸によって分解されにくく、腸から吸収されやすいのが特徴です。

 

咽頭炎、扁桃炎、慢性気管支炎、肺炎などの感染症の治療に使われます。
また胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こす細菌であるピロリ菌の除去にも使われます。