ジスロマック錠 ジェネリック 通販

ウイルスの危険性

細菌が抗生物質に対して耐性を持つことはわかっています。
ウィルスも抗ウィルス薬に対して耐性を持ちます。
ウィルスも生物の中で突然変異をして耐性を持つものが生まれてきます。
そこで抗ウィルス薬がきてウィルスが死滅しても、突然変異で耐性を持ったウィルスはわずかに生き延び繁殖します。
人から人への感染だけで、その人が全滅すると危険なウィルスも全滅する確率は高いのですが他の生物にも感染があれば、ウィルスの全滅はないでしょう。
そして、またそのウィルスに勝つ抗ウィルス薬を作ってもまた、抗ウィルスの耐性ができ繰り返すことになるのではないでしょうか。
最近、特に注目されてきた耐性の危険性から、風邪で安易にジスロマック錠やアジスロマイシンのような抗生剤を処方しないようにしよう。
免疫力で風邪程度なら治そうという動きがでてきています。
例えば、男性カンジタには男性カンジタ薬、というように、その症状・病気に合った正しい薬を使用するようにしましょう。

 

ウィルスが増殖する仕組み

 

さまざまな感染症の原因となっているウイルスは私たちの目には見えないほど小さなものです。
ウィルスは細菌と思われがちですが菌ではありません。

 

ウィルスは、どのように増殖するのか。
ウィルスは核酸(DNAまたはRNA)とタンパク質でできています。
ウィルスは、自分を複製する力を持っていますが実はこのウイルスは単体での場合はとても弱く、増殖をすることはできません。

 

だから別の生きた細胞に寄生して増殖します。
例えば人間や動物の体内に侵入することで、その細胞の力を利用し増殖をしていきます。
そして、次々と別の細胞に感染していきます。

 

ウィルスが侵入する細胞は、自分が増殖できる特定の蛋白を持っている細胞にだけ侵入します。

 

さらに、遺伝子変化を起こそのすことで、その環境に合わせることもできるため
あっという間に感染拡大に繋がります。
インフルエンザウイルスがその例です。

 

近頃では、エボラ出血熱など、新しい病原体のウイルスも確認されるようになってきました。
このようなウイルスをエマージングウイルスと呼んでいます。

 

ウィルスにも種類がいくつもあるので種類によって引き起こす病気が違ってきます。

 

空気感染とは?

 

空気中に浮遊している病原体により感染する方法。
飛沫感染という言葉もありますが飛沫感染では、咳やくしゃみによって病原体を吸入することで遷ります。
この、飛沫粒子がとても小さく水分を含み1メートル程の周りに飛び散って吸入することで遷るのです。
遠くまで飛び散ることはないので感染経路は少なくなります。
飛沫粒子の水分がとれたものが空間に浮遊することで、空気感染するということになります。
空気感染は広範囲になるので感染経路が大きくなってきます。

 

垂直感染とは?

 

垂直感染は、母体から胎盤を通じて胎児に感染することです。
母子感染ともいい、主に子宮内感染、産道感染、生後感染があります。
子宮内感染は羊水や胎盤を通して胎児に感染します。
ヘルペスやB型肝炎、エイズなどが代表です。
多いのは、産道感染で出産時の血液が胎児にまみれて感染することです。
生後感染は、ほぼ母乳からの感染が多いです。
胎児や新生児は免疫がほとんどないのでウィルスを跳ね除ける力がないため感染しやすいのです。
産道感染を防ぐ場合は、帝王切開ならば感染は防げます。

 

 

血液感染とは?

 

ウィルスに感染している人の血液に触れることが血液感染ですが、粘膜についたり、傷口に血液が入り込むと感染します。
血液感染する病名は、B型肝炎、C型肝炎、エイズなどがあります。
感染している人と同じ注射針を使うことや輸血をすれば、感染率はほぼ間違いなくあるでしょう。
ただ、少しの出血がつくくらいでは感染したとはいえませんし、感染している人との日常生活はそこまで影響なくできます。
しかし、剃刀や歯ブラシには血液が付着する可能性は高くなりますので、別に使用したほうがよいでしょう。
あとは、セックスや母体からの感染も考えられます。

 

 

ウィルスの危険度レベル

 

現在一番危険度が高いウィルスに、炭疽菌やエボラ出血熱などがあげられます。
バイオセーフティレベル(BSL)は1〜4に分けられ4が一番危険度が高いレベルです。
レベル1は、感染力は低い。
レベル2は、危険度は中級。
感染の拡大は限られているので有効な予防法、治療法がある。
レベル3、危険度は高い。
人から人への感染がほとんどないが重い症状を引き起こす可能性がある。
レベル4になると、人から人へ直接感染し間接感染もありうる。予防法、治療法がない。

 

危険なウィルスが世界で流行しやすくなった原因

 

宿主が家畜や野生動物だと、通常に考えると人間に感染するのは難しいと考えられますが、人間が自然界に入り込みすぎて、木や森をどんどん切り開いていくために入った場所で、家畜や野生動物の血を吸った蚊が人間の体を刺すことで、危険なウィルスが流行しやすくなったのかもしれません。
ウィルスは変異を繰り返して、違うウィルスに変わっていくので、最初は毒性の無かったものでも人間に感染するまでの経路中に変わってしまうのでしょう。
家畜にも野生動物に対しても、距離を感じないようになってしまった。
また、いろんな研究を進める中で感染経路ができてしまったという考えもあるかもしれません。

 

口呼吸のリスク

 

本来呼吸は鼻でするもの。口呼吸が主に働くと万病の元になります。
常に口で呼吸をしていると、口が開いたままなので細菌やウィルス、花粉やゴミなどが入ってきやすい状態です。
鼻の中には鼻毛がありますが、鼻毛は外部からのホコリやゴミが体内に入らない為の役割もあるのです。
口の中には異物をキャッチする役目はないためにすぐに喉に炎症もおき、体内にそのまま入ってしまう事もあります。
口の中も乾燥状態なので、口臭や歯周病、虫歯の原因になります。
また、乾燥状態が続くので味覚もわからなくなってきます。
喉の炎症から、風邪もひきやすくなり免疫力の低下につながり、いろんな病気を発生させる可能性もあるのです。
口は、飲食をし、会話をするところです。

 

 

ウィルス対策には鼻呼吸

通常、呼吸は鼻でするように私たちの体は働きます。
鼻で呼吸するように鼻には、ほこりや塵をキャッチできるようになって体に異物が入らないように働くのです。
ウィルスも同じで、鼻に入ったウィルスを駆除する役目もあるので感染を防ぐことができます。
口呼吸をしていると喉や気管支へ直接入っていくので感染しやすくなります。

 

また、口呼吸は歯周病や虫歯、味覚障害など病気になる危険がたくさんなので、出来るだけ鼻で呼吸をするように改善が必要になります。
鼻呼吸がきちんと出来ていると病気対策になります。